2017年2月10日〜4月10日 /
ナハ53編成(クハ209-2202以下6連)が茅ヶ崎運輸区に疎開



ナハ53編成(クハ209-2202以下6連)が2月9日の03F運用を最後に運用を離脱し、2月10日に茅ヶ崎運輸区に疎開のため回送されました。

代わりのナハN36編成は2月13日に大宮総合車両センターから中原電車区へ回送され、3月15日から運用を開始しています。これによって、南武線本線は全編成がE233系で統一されました。

4月10日に中原電車区に返却された後に4月12日に幕張車両センターに回送され、4月13日付で幕張車両センターに転属しました。在来の普通列車用マリC6**編成とは別にマリJ1編成としてサイクルトレイン「B.B.BASE」に改造され、2018年1月6日から運用を開始しています。

◎動向
・2016/2/9 最終運用(03F)
・2016/2/10 中原電車区(武蔵中原)から茅ヶ崎運輸区(茅ヶ崎)へ回送。
・2017/4/10 茅ヶ崎運輸区(茅ヶ崎)から中原電車区(武蔵中原)へ回送。
・2017/4/12 中原電車区(武蔵中原)から幕張車両センター(津田沼)へ回送。
・書類上の転属日 2017/4/13


2017年2月9日 / 最終運用



この日の03F運用が、ナハ53編成および南武線209系の最終運用でした。(稲城長沼) (拡大)





茅ヶ崎運輸区に疎開中の様子



205系などと同様に運用離脱後は茅ヶ崎に疎開されていました。(2017.4) (拡大)





(2017.4) (拡大)





東京メトロ16000系の甲種輸送が横を通過。(2017.2.11) (拡大)





運用離脱前

2016年1月〜2017年2月は、E233系35本以外は209系ナハ53編成1本のみとなっていましたが、以前に103系ナハ22編成1本のみが残った時のような、平日朝のみの限定運用とはならず、E233系と同様に通常の運用に入っていました。



早朝の多摩川橋梁を走行するナハ53編成。(2017.2) (拡大)





雪の中、快速運転に入ったナハ53編成。(2016.11 府中本町-立川) (拡大)





E233系の導入前も209系は36本中4本の少数派でしたが、最後の1年間は36本中1本になっていました。(2017.1 中原電車区) (拡大)






表紙南武線時報
>2017年2月10日〜4月10日 / ナハ53編成(クハ209-2202以下6連)が茅ヶ崎運輸区に疎開


走れ我らが南武線