このサイトは

川崎駅(神奈川県川崎市)〜立川駅(東京都立川市)をつなぐJR東日本の地味な通勤路線、 南武線とその支線(浜川崎線)の非公式ファンサイトです。 京浜工業地帯を走る鶴見線についても一部掲載しています。

車両の動向を中心とした鉄道マニア向けのサイトですので実用的な情報はありません。取り扱っている年代は2000年ごろ〜現在までとなります。

現在は速報的な更新は諦め、数年後に見ても参考になるような鉄道ピクトリアルアーカイブスセレクションやRMライブラリーのようなサイトを目指しています。



サイト運営について

「走れ我らが南武線製作委員会」(代表:ジョン・スミス)が、非営利目的の趣味的活動から運営しています。 運営目的は南武線マニアの単なる自己満足です。沿線在住の利用者というだけで、JR東日本の関係者であったり、特別なコネクションがあるわけではありません。



当サイトの閲覧について

  • 当サイトは私設かつ非営利の非公式サイトです。JR東日本ならびに都道府県・市区町村・企業・市民団体等とは一切関係ありません。 当サイトへ関するご意見ご要望などは管理者までお願いします。


  • 当サイトでは正しい情報を掲載するよう努力しておりますが、誤りがあった場合や、それらが原因で損失や損害が発生した場合でも一切責任は負いません。 また、内容に関すること以外でも、当サイトを利用することによって発生したいかなる損失損害についても管理者は一切責任を負いません。予めご了承下さい。


  • 情報源については目視、公式発表、雑誌のほか、知人からの情報、インターネット上での情報収集等多岐にわたります。情報の信憑性については複数情報の有無や証拠の有無など「比較的」慎重に検証していますが、自己満足の趣味活動として行っており、単純な誤記もありますので、全て正しいとは保証できません。


  • 当サイトの内容は、予告なく変更、追加、削除することがあります。


  • 当サイトに掲載されている全ての内容の著作権は、特記してあるもの以外は管理者にあります。 一切の無断転載およびその類の行為はお断り致します。




  • 各企画について

    表紙
    全体の総目次です。

    南武線時報
    イベント、臨時列車、入出場回送、転属回送、廃車回送、ADトレインなど南武線で起きた出来事について、 ニュース記事的にまとめて掲載しています。

    写真展
    南武線の写真を展示しています。

    南武線とは
    用語解説や車輌紹介など、南武線の基礎知識のようなものを掲載しています。

    特集
    南武線についての特集やコラムなど。高架化工事レポも。

    壁  紙
    壁紙です。適当にご利用下さい。

    リンク
    リンク集です。

    資料・その他
    編成表などその他。

    このサイトについて
    このページです。サイトのご案内です。



    設計方針

  • ブラウザ → WindowsXP/IE6.0以降を想定(windows7/IE9.0,Googlechromeも確認済)

  • 文字サイズ → IEで小または中を想定

  • 画面サイズ → 800×600以上を想定

  • 接続環境 → ブロードバンド環境を想定

  • 携帯電話での閲覧は考慮していません。

  • 技術的な問題から今後も2000年代初頭のウェブデザインを維持します。



  • リンクについて

    表紙以外のページも含めHTMLファイルに対してであればご自由にどうぞ。
    ただし、自分のサイト内のページであるかのようにリンクするなどの行為はお断りします。

    #リンク用バナーです。

      200×48

      200×48

      200×48

      200×48

      88×31



    サイト開設10周年を迎えて(2013年3月)

    本サイトは2013年3月で開設10周年を迎えます。2003年と比べて現在のインターネット界隈は利用者の増加、個人サイトの衰退やブログ・SNSの普及、営利目的利用の増加など大きな変化があり、鉄道趣味界隈においても趣味者数の増加や「鉄道ブーム」、カメラのデジタル化などの大きな変化がありました。

    残念なことに2003年当時に存在していた鉄道系個人サイトは閉鎖されたり、更新休止となったものが少なくありません。本サイトについても初期のような速報系の更新は行わなくなり、一時期は実質更新休止となった時期もありました。

    雑誌であれば廃刊となっても古本等でバックナンバーを入手することができますが、インターネットでは閉鎖となるとインターネットアーカイブに不完全な形で記録される程度で、基本的に記録は失われてしまいます。

    本サイトがこの先の10年後にも現在と同様の更新頻度で残っている可能性は低いと思いますが、今後のサイト運営にあたっては更新休止はしたとしても閉鎖はしないことを目標にしたいと思います。また、過去掲載記事の加筆修正や、多数の未公開写真の掲載についても取り組んでいきたいと思います。



    表紙>このサイトについて

    走れ我らが南武線